トップページ 検索 一覧 最終更新

Qシリーズ病理学

日本医事新報社Qシリーズ病理学の総論編・各論編。

2002年11月に各論、12月に総論が改訂されて今は総論・各論ともに第3版となっている。2冊揃える必要があるが、それでも軽い・薄い!

Qシリーズは見るからに頼りないほど薄くて軽いので甘く見られがちだが、病理学に関してはこの評価は正しくない。Qシリーズ病理学総論とQシリーズ病理学各論だけで病理学の試験をとおしたという報告は2ちゃんねるでも多数見られたし、総論と各論をあえて分けたことでその記述内容もそれなりに充実したものとなっているようだ。

もっとも、Qシリーズは途中過程の説明なんかは徹底的に省いてあるので「暗記より理解」派にはこの本は使いこなせない。とにかく試験直前に最終確認を、という用途に特化されているとも言える。講義に出ていた人や一通り病理学の勉強をした人がチェックに使うならよいけれど、初めて病理学をこれから学ぶという人にはこの本だけでは足りないと思われるので、ロビンス基礎病理学標準病理学といった大型本と併用することをおすすめしておく。

総論と各論の合計で6000円弱。


最終更新:2017-09-10 (日) 12:23:16 (11d)