※(この質問・回答はインターネット上から集めたものなどが主となっています。内容の真偽は確認していません。また、内容に関する責任は負いません)

問題数は全部で何問?

一人が解く問題は2004年度の場合は320問、試験時間6時間(60分×6ブロック)。これまでの形式はブロックI〜IVが五択問題240題、ブロックVが二問連問型問題40(2*20)題、ブロックVIが四問連問型問題40(4*10)題(第2回以前は20問)となる。連問型は順次解答タイプと多選択肢タイプとがある。全問がパソコンで解くタイプで、ブロックI〜IVでは各ブロック内で60問を好きな順番で解いても良いし、そのブロックが終了する前であれば一度解いた問題に戻って答え直すことも出来る(前のブロックに戻ることは出来ない)が、連問形式のブロックVとVIでは問題を出題された順番で解かなければならず、間違えたと思っても前の問題に戻ることもできない。

問題はどこから来る?

コンピューターが問題プールにストックされている中からランダムに出題するので隣の人の解答画面を見てもあまり役に立たない。ちなみに問題プールには6000〜10000の問題があると言われ、平成15年はその問題プールの中から審査して選ばれた3000問から出題されたとのこと。プールの総問題数は今も増え続けているとか。でも、実際に受験してみると結構まわりの友人ともかぶったりする。特に連問形式のブロックVやVIではかなりの確率でかぶるので、本当は10000問もプール問題がないのか、あるいは10000問プールされていても昨年度で使われたものを翌年は使用しないなどしているのかも。

出題範囲は?

出題範囲については、コアカリキュラムの学習の程度を見るというのであれば、コアカリキュラムの範囲だけ勉強すればいいということになるが…コアカリキュラムで習うべき内容はインターネット上でも知ることが出来る。ここを参照してください。ただ、これだけ見ても結局範囲が広すぎる。医師国試の必修問題ガイドラインもだいたいコアカリキュラムの範囲に沿っているようなので、必修問題の範囲と同じと考えて差し支えなさそう。

問題作成者は誰?

全国約80の医学部から集められたということになっているのでほとんど全ての医学部、医科大学が問題作成に関与しているだろう。基礎系科目の問題は各大学毎の履修内容が大きく異なるために大学毎に作成されている問題・分野もあるという説もネット上で言われたが、その真偽は定かではない。

ランダムに出題されるということは、分野が偏る可能性もある?例えば生化学の問題ばかり連続して出るとか…

分野・科目毎に問題数が決められているようなので生化学ばかりというように激しく偏ることはないと思われます。ちなみに基礎系科目では生理学生化学微生物学病理学薬理学法医学がよく出るようで、他に組織学のうち内分泌系や消化器系も病理学との絡みで出るかもしれない。臨床はほぼ全分野にまたがっていますがマイナー科目は問題数が少ない。また公衆衛生学の重要度が非常に大きいので、公衆衛生学対策は必要不可欠かと。

試験問題がネットに流出する?

流出というか、2ちゃんねるなどで各人が覚えていう問題を挙げ合うような現象は昨年も見られたので今回も起こるでしょう。CBTスレを熱心にチェックしているだけでもCBT対策になります。また某大学の熱心な誰かさんが作ったCBT対策のワードファイルが出回っているようですよ。これはネットではなく他の大学に通う友人から添付ファイルで送ってもらったものなのですが、かなり充実しています。僕もお世話になりました。

電子辞書の持込みは…

電子辞書どころか、紙の辞書もダメ。そして、筆記用具の持込みすらもダメなのだ。これは問題をメモって持ち出す人が増えることでプール問題資源の減少が起こることを防ぐためと考えられる。でもまあ、問題は全部日本語だし病名もアルファベットの略語だけでなく日本語での正式名称を併記してくれるので大丈夫。DICくらいになると日本語を併記してくれるかどうかわからないけど…。

自分の成績はどうやってわかる?

現時点ではまだCBTトライアルなので成績をどう扱うかは大学によってかなり差があるようですが、2週間ほどで大学から個人成績表が返却されます(2004年度の場合)。成績表は、こんな感じ。この成績表をもらっても結局全国平均点はどれくらいなのかはわかりませんが、学内平均とSDがわかるので、電卓を使えば学内偏差値なんかも出せるorz

このページに関連するページ

薬理学(783d) 病理学(1710d) 法医学(1710d) 微生物学(1710d) 電子辞書(1710d) 内分泌(1710d) 組織学(1710d) 生理学(1710d) 生化学(1710d) 消化器(1710d) 公衆衛生(1710d) マイナー(1710d) ガイドライン(1710d) コアカリキュラム(1710d) CBT対策(1710d)


最終更新:2012-08-19 (日) 08:32:36 (1710d)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS