医学教育出版社の人気シリーズ。100問の問題演習を通して実践学習を行うコンセプトのコンパクトな問題集で、100%国試マニュアルシリーズとも互いにリンクしている。

出版科目(2005年4月現在)

皮膚科3版、麻酔科2版、眼科4版を見ていただければわかるが、2005年春から順次装丁替えをしてイメージリニューアルを計っている(2006年7月頃に全科目が新装丁に切替完了する見込み)。これまでの原色系の表紙から白基調で清潔感のある装いになったほか、2色刷対応、98回国試まで収載、またオリジナル予想問題も掲載するなどこれまでに比べて大幅に改革されている。順次全科目が新装丁に移行するので、購入するつもりの人はお楽しみに。

これまでの改定でも、改定のたびにかなりの問題が差し替えられてきている。版が一つ違えば半分近い問題が新しくなっているので、先輩から中古を譲っていただける場合も可能なら新しい版のものを使うようにしたい。特に2000年以前のものは現在と治療方針が違ったり(たとえば整形外科で二つ前の第2版ではビスフォスフォネートが登場する以前の時代の治療に従っているなど)するので、買い換えてしまってもよいかもしれない。

コメント



最終更新:2017-09-10 (日) 12:23:19 (92d)