トップページ 検索 一覧 最終更新

研修医当直御法度

三輪書店。
2012年2月に第5版が発売となった。

赤本の名で親しまれている。研修医として慣れない当直に不安を感じているときにそれを助けてくれる一冊。研修医のための、救急外来での初期診療・トラの巻。研修医がよくやるミスを事例で紹介し、救急診療における落とし穴と、それを回避するために重要なポイントを的を絞って解説する。

地雷・見落とし・医療過誤などを避けるためにどのようなことを心がけておくべきかという、これまでの救急医療の教科書がなかなか触れてくれなかったポイントを重視しており、非常に実践向けの一冊といえる。医学知識の解説に限らず、考え方・心得・心構えのような点からも解説が豊富なので、研修医に限らず一般内科医・外科医の外来診療や内科を専門としない診療科の医師が内科当直をせざるを得ない状況(そういう病院は全国に多数ある)にも、あるいは医師ともに忙しい救急外来を支えている救急部看護師にとっても、役立つ。

姉妹書籍に研修医当直御法度症例帖(青本)がある。

コメント

2012年2月下旬か3月に第5版が出るようです。 -- 2012-02-17 (金) 07:53:43

Amazonでも第5版の取り扱いが開始されました。 -- 管理人 2012-02-29 (水) 00:16:16


タグ:救急、当直

このページに関連するページ

Dr林の当直裏御法度(73d) TopPage(73d) 内科(73d) 外科(73d) 救急(73d) 研修医当直御法度症例帖(73d) 研修医向け(73d)


最終更新:2017-09-10 (日) 12:23:08 (73d)