国試受験生にとっての難関の一つとも言える産婦人科学。国試における出題比重は全配点の10〜15%程度と決して無視はできない。マイナー科の一つに数えられることも多いけれど、スーパーローテーションの必須診療科にカウントされるなど存在感はマイナー随一。

教科書に関しては、ステップ産婦人科が発売されてからは圧倒的にステップの人気が高い様子で、ステップが発売された2004年まで第一選択的教科書であったチャート9産婦人科のシェアはすっかり低下してしまった。(いまいち人気の無かったステップ小児科と違って)ステップ産婦人科は人気の高いステップシリーズの中でも特にわかりやすいと評判は高く、よほどのポリシーを持った医大生でない限り、迷うまでもなくステップ産婦人科を選んでおけば良いのではないだろうか(僕は海馬書房の回し者ではありません)。

2006年夏に新しく登場した病気が見える産婦人科学(メディックメディア)は産科領域では一定の評価を得ているようだが、婦人科領域ではイラストだけで説明するのは無理があるのか、いまいち病態生理が掴みにくいという声も聞かれる。

コメント

産婦人科テキストはどうですか -- 2009-01-22 (木) 23:53:29



最終更新:2017-09-10 (日) 12:23:09 (11d)