消化器学は内科的分野と外科的分野がともに同じくらいの比重で存在する分野。同じように内科外科が存在する分野には呼吸器循環器などがあるが、呼吸器では同じ疾患に対してStageや合併症などで内科的治療と外科的治療を併用するので教科書があまり内科外科で区別されておらず、一方で循環器循環器内科と心臓血管外科ではそもそも根本的に対象とする疾患が異なる。消化器はそのどちらとも違っていて、そのせいかどうかわからないがなぜか教科書は内科系と外科系で分けられていることが少なくない。

ちなみに、病院で単に「外科」といえば腹部外科(つまり消化器外科)のことを指すことが多い。そうでなかったとしても、外科で遭遇する機会も手術数も多いのが消化器外科の対象疾患で、そのぶん教科書もいわゆる外科学の教科書では消化器外科がもっとも頁数を多く確保しているようだ。

内科

  • 内科学書のページも参照してください。一般内科の教科書でもかなりの記述は期待できます。

外科

その他

コメント


このページに関連するページ

2ちゃんねる教科書スレテンプレ(16d) CBT/FAQ(16d) CBTのFAQ(16d) SUCCESS(16d) がん治療認定医(16d) がん診療レジデントマニュアル第6版改訂箇所(16d) Top Page(16d) TopPage(16d) ガイドライン(16d) カラー写真で必ずわかる!消化器内視鏡(16d) アプローチ(16d) できった(16d) チェックノート(16d) ステップ(16d) シンプル薬理学(16d) ステップ内科6(16d) ステップ外科2(16d) ステップ内科1(16d) シリーズ(16d) シークレット(16d) ステップ外科2消化器外科小児外科(16d) ステップ内科(16d) ラングマン人体発生学(16d) 一目でわかる(16d) レジデントマニュアル(16d) 内科学書(16d) 内視鏡所見のよみ方と鑑別診断(16d) 医学雑誌(16d) 内視鏡(16d) 内科認定医(16d) 内科(16d) 大腸癌治療ガイドライン 医師用(16d) 呼吸器(16d) 循環器(16d) 感染症(16d) 外科(16d) 消化管内視鏡診断テキスト(16d) 準備中(16d) 消化器内視鏡ゴールデンハンドブック(16d) 海馬書房(16d) 旧できった(16d) 標準シリーズ(16d) 新臨床外科学(16d) 標準小児科学(16d) 新刊情報(16d) 標準外科学(16d) 科目一覧(16d) 臨床研修イラストレイテッド(16d) 肝臓(16d) 病気がみえる(16d) 癌取り扱い規約 抜粋(16d) 腫瘍学(16d) 膠原病(16d) 肝炎診療バイブル(16d) 研修医向け(16d) 腸にやさしい大腸内視鏡挿入法(16d) 講義録(16d)


最終更新:2017-09-10 (日) 12:23:09 (16d)