消化器学は内科的分野と外科的分野がともに同じくらいの比重で存在する分野。同じように内科外科が存在する分野には呼吸器循環器などがあるが、呼吸器では同じ疾患に対してStageや合併症などで内科的治療と外科的治療を併用するので教科書があまり内科外科で区別されておらず、一方で循環器循環器内科と心臓血管外科ではそもそも根本的に対象とする疾患が異なる。消化器はそのどちらとも違っていて、そのせいかどうかわからないがなぜか教科書は内科系と外科系で分けられていることが少なくない。

ちなみに、病院で単に「外科」といえば腹部外科(つまり消化器外科)のことを指すことが多い。そうでなかったとしても、外科で遭遇する機会も手術数も多いのが消化器外科の対象疾患で、そのぶん教科書もいわゆる外科学の教科書では消化器外科がもっとも頁数を多く確保しているようだ。

内科

  • 内科学書のページも参照してください。一般内科の教科書でもかなりの記述は期待できます。

外科

その他

コメント


最終更新:2012-08-19 (日) 08:32:52 (1744d)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS