医学書院レジデントマニュアルシリーズの一つ。市立堺病院の藤本卓司先生の書かれた。

感染症抗菌薬治療に関してコンパクトにまとまっており、またグラム染色のイロハや感染症における身体所見に言及するなど、単なる抗菌薬マニュアルを超えて総合内科的な視点までカバーされているのは著者が総合内科医であればこそ。数ある医学書院レジデントマニュアルシリーズの中でも、本書はがん診療レジデントマニュアルと並んで名書と言われることが多いようだが、残念なのは2004年から改訂がなくやや内容が古くなっていることである。そろそろ改訂版が出てくることが望まれるが、今のところは改訂の予定はなさそう。

こちらで感染症専門医の青木眞先生が本書を絶賛しておられます。
http://blog.goo.ne.jp/idconsult/e/3a66ed851b8268f9f94779e8ae00e3ec

コメント

タグ:感染症抗菌薬レジデントマニュアル、藤本卓司

このページに関連するページ

がん診療レジデントマニュアル(1362d) 著者(1799d) 内科(1799d) 準備中(1799d) 抗菌薬(1799d) 感染症(1799d) 医学書院(1799d) レジデントマニュアル(1799d) シリーズ(1799d)


最終更新:2012-08-19 (日) 08:32:49 (1799d)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS