循環器病態学ファイル
村川裕二
メディカルサイエンスインターナショナルMEDSI

  • 第1版 2007年3月

小テーマごとに病態背景を詳しく解説しており、丸暗記ではない病態理解を進めることが出来るハンドブック。内科学・循環器病学の詳しい成書レベルにも負けない深さまでの解説が得られるが、記述料はやや少なめなのでこの一冊では物足りないことも有り得る。病態の理解という点に立てば単体では若干力不足であくまで成書のサポート役としての存在として活用されるべきだと思われるが、成書を引くほどの余裕もないときにパッと概念を理解するには良い一冊である。

循環器治療薬ファイルと姉妹書にあたる。循環器内科を志す初期研修医、一般内科医向け。循環器修練医以上にとってはやや物足りなく、学生や内科以外を志望する研修医にとってはやや重たい。

このページに関連するページ

内科(1744d) 成書(1744d) 循環器治療薬ファイル(1744d) 循環器(1744d) メディカルサイエンスインターナショナル(1744d) MEDSI(1744d)


最終更新:2012-08-19 (日) 08:32:52 (1744d)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS