2010年版

消化器癌の中でもとりわけ進歩の早い大腸癌はガイドライン改定のペースも速い。2005年、2009年と改定されてきたが2010年は抗EGFR薬をfirst lineから使用できるようになったりpanitumumabが登場するなど大きな改訂があった。大腸癌術後化学療法にもFOLFOXが登場している。安価だが大腸癌診療のスタンダードを分かりやすく記載した一冊。

このページに関連するページ

消化器(1798d) ガイドライン(1798d)


最終更新:2012-08-19 (日) 08:32:53 (1798d)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS