南山堂医学大辞典限定第18版は本体の他に付属CD-ROMがあり、このCD-ROMには大辞典の内容が全て収録されている。
ここまでならステッドマン医学大辞典などのCD-ROM版と大差ないが、南山堂の限定第18版の大きな特徴はその辞書が電子辞書の規格「EPWING形式」に対応していること。そのため、EPWING形式を読み出せる媒体を使えばどこでもこの辞書を用いることができる。CD-ROMの本体データ部分は128メガの記録メディアに収録できるデータサイズなので、コンパクトフラッシュなどに移して使っている人もいる。

応用を利かせ、この医学大辞典を収録したコンパクトフラッシュをEPWING対応ソフトを収録しているzaurusなどのPDAに接続すればモバイルでこの医学大辞典を使用することができる。

現在、EPWING形式に対応しているメジャーな医学大辞典は南山堂の限定第18版に付属しているこのCD-ROMだけ(ステッドマンなどは対応していない)なので、このCD-ROMはある意味で貴重なものであるといえる。

このページに関連するページ

南山堂医学大辞典第18版限定版(1740d) 電子辞書(1740d) 南山堂(1740d) ステッドマン医学大辞典(1740d)


最終更新:2012-08-19 (日) 08:32:55 (1740d)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS