トップページ 検索 一覧 最終更新

内科診断学(医学書院版)

内科診断学という同名書籍を他の出版社も出版しています。ご注意下さい。

内科診断学(医学書院版)症候学・鑑別診断学のための本の中では国産最高峰の一冊。「疾患名→病態→症状」ではなく、あくまで「症状→病態→疾患名」という方向への理解と解説に徹している。ポリクリ中も、医局であるいは研修医の本棚で、この本が並んでいるのを何度も目にするに違いない。症例をふまえた勉強会でも役に立つことは間違いなく、病名から病態や治療を調べる従来の内科学書とは違って症状や臨床所見から病態・病名を調べるスタイルを可能にする貴重な一冊。

特に前半の「診断の考え方」「診察の進め方」は医師としての基本的な考え方を身につけるのに役立つ。イヤーノート内科成書では学べない、「医師の考え方・視点」的な部分をカバーすることができる。

ちなみに、この本はProblem Solving in Clinical Medicineをモデルにしているのか、似ていると感じられる部分が少なくない。もともと日本に少なかった内科の鑑別診断学の解説書を作りたいと考えた著者が、米国から輸入したEBMの概念とともに著したのが本書だと考えれば、共通の思想を持つ本が似た構成になるのも無理はない。著者のアメリカナイズされた思考がこの本にも随所に見られる。

著者

著者福井次矢氏はEBMの概念を日本の医療界に広めるために尽力された方で、京都大学医学部附属病院総合診療部から現在は聖路加国際病院の院長に移っている。氏の教えに影響を受けてGeneralistを目指した内科医は多い。

参考サイト
http://www.lifescience.jp/ebm/opinion/200204/

BOOKデータベースより

症候から鑑別診断・確定診断へと至る思考のプロセス・着眼点を病態生理学的なメカニズムに基づいて解説!!疾患の頻度と臨床的重要度を大まかに理解することが診断学を学ぶ上で肝要であり、その関係をオリジナルな2次元図で明快に表現!!症候から導かれる診断名が適当であるかを確認できるよう主要疾患の診断データを掲載。1冊で双方向からのアプローチに対応!!巻末の索引&略語一覧では、見出し語に対応する欧文・和文・略語をそれぞれ可能な限り併記した。用語集としても使用可能。付録CD-ROMには、書籍全文情報の収録、縦横無尽の検索機能、メモ登録機能、ユーザーによる鑑別表作成機能を搭載!!特徴的な異常運動や雑音などを動画と音声で再現。

コメント

研修医向けとしてもこの本は心強いですね。むしろ学生時代はこの本の出番があまり多くはなかったのが、研修医になってから使い勝手が解ってくる感じ? -- ヤス 2007-03-25 (日) 04:46:48

この本はもしかして今は廃盤になったのでしょうか? -- 盆栽 2008-02-20 (水) 18:46:09

もうすぐ改定 -- お名前 2008-02-21 (木) 01:12:49

2版はいつ頃? -- お名前 2008-02-24 (日) 18:22:00

それくらい自分で調べろ -- お名前 2008-02-25 (月) 14:07:06

2版 出た -- お名前 2008-03-19 (水) 11:55:44

分量もレベルも適当で、素晴らしいと思う。STEPを持っていても買う価値あり。向学心のない学生向き。 -- 0100 2008-04-07 (月) 01:51:07

先輩からもらった初版を気に入って使っていたが、この前、改訂版が出たので買い直した。結構細かいところまで改良されているので得した気分。 医療面接の表が具体的でよい。頻度と重要度の図は臨床経験のない自分にとってありがたい。前からわかりやすい図が多かったが、新しい図も随分増えた印象。 それと付録のCD-ROMに隠し画面っぽい「聴診音」のページがある。これが結構面白い。 -- お名前 2008-07-04 (金) 16:26:19

うちの周りは所有率が高いです。細かい部分は書き込み -- vi 2008-09-05 (金) 05:22:31

うちの周りは所有率が高い。切り口が明快で、とにかく読みやすい。細かい部分が気になるが、STEPを併用したり書き込みをしたりすれば十分対応可能。臨床に上がる前から読むのに適した一冊。疾患編はこの本でなくても良い。症候編を分離して安くして欲しい。 -- vi 2008-09-05 (金) 05:25:46


このページに関連するページ

Problem Solving in Clinical Medicine(41d) STEP(41d) イヤーノート(41d) アプローチ(41d) ポリクリ(41d) 内科診断学(41d) 内科学書(41d) 内科(41d) 出版社(41d) 生理学(41d) 成書(41d) 症候学(41d) 福井次矢(41d) 研修医向け(41d) 著者(41d) 診断学(41d)


最終更新:2017-09-10 (日) 12:23:11 (41d)