人気が高いのはいまは圧倒的に免疫生物学Immunobiologyではないかと思われるが、中古本市場に出回っている玉数を見てみてもその他の国産の免疫学教科書の中では医科免疫学の人気が高いようだ。分子生物学的なミクロな面からもしっかり勉強したい人にはImmunobiologyが最適。ちなみに、いわゆる「オレンジの表紙の免疫学」というのはImmunobiologyのことである(2004年7月に第6版に改訂されて現在はオレンジではなくなっているが)

一方、カンタン教科書では他の科目で人気の高いシンプルシリーズ免疫学に関してはイマイチ伸び悩んでいる。改訂のペースも遅いので進歩の早い免疫学の教科書ではそれも不利なポイントの一つとなっている。

コメント

Immunobiologyの第七版で出ますよ。緑の表紙 -- お名前 2008-02-15 (金) 07:15:48

Immunobiologyの第七版で出てますよ。緑の表紙 -- お名前 2008-02-15 (金) 07:16:04

Immunobiologyの第七版で出てますよ。緑の表紙 -- 緑の 2008-02-15 (金) 07:16:41

とりあえず通読するなら免疫生物学エッセンシャル版(エッセンシャル免疫学) -- お名前 2008-02-21 (木) 18:33:42

エッセンシャル免疫学ha -- お名前 2008-04-13 (日) 08:25:56

エッセンシャル免疫学免疫生物学エッセンシャル版では無いよ。 -- お名前 2008-04-13 (日) 08:28:55

え?じゃあどういう位置づけ? -- お名前 2008-04-14 (月) 09:53:14

同じ出版社から出ている、Immunobiology読むための前段階の準備に良い本、というだけ。前書き読めば分かる。 -- お名前 2008-05-27 (火) 01:05:33

それをエッセンシャル版というのでは・・・ -- お名前 2008-05-27 (火) 16:31:09

エッセンシャル版ってのは要約版のことですね。エッセンシャル免疫学免疫生物学とは著者も内容も別。 -- 2008-09-17 (水) 17:19:52

休み時間の免疫学 が導入書ではクラス内で評判いいですね。 -- 2010-02-02 (火) 02:14:04

本格教科書

カンタン教科書


最終更新:2012-08-19 (日) 08:32:57 (1740d)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS