医学評論社チャートシリーズの第13巻、脳神経外科の教科書。

教科書自体は厚さがあまりなく(1.5センチ程度)普段の講義に持ち運ぶようとしても使いやすい。また内容は重点に絞っているのでメジャーな病気に関してはこれで内容が不足することはあまり無いと思われる(逆に、マイナーな病気だと載っていないことも)。図を多用していることもイメージのつかみにくい脳神経外科の教科書としては好感度大。

脳神経外科に本気or真面目に取り組みたい学生ならやや不満が残るかもしれないが、単純に試験対策としての本を選ぶならこれでも要求は満たしてくれるのではないだろうか。

2003年5月に改訂第3版が発売されて、現在ではこれが最も新しい(2004/12月現在)。
約330ページ。

管理人の個人評価
足りない。試験対策にしても内容を削りすぎている気がする。一度他の本で勉強して復習用として使うなら良いかもしれないが…。ステップ外科1を薦める。

このページに関連するページ

ステップ(1707d) 脳神経外科(1803d) 神経内科(1803d) 外科(1803d) 医学評論社(1803d) マイナー(1803d) チャート(1803d) シリーズ(1803d)


最終更新:2012-08-19 (日) 08:32:45 (1803d)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS