海馬書房ステップシリーズステップ内科ステップ内科では全6冊中の第4巻。

呼吸器と腎臓で一冊、とのことだが、腎臓に関しては別途ステップ泌尿器科というものが存在し、内容は重複していないので泌尿器の試験対策でステップを使うなら両方を揃えておく必要がある。

分野的には、腎機能(腎排泄・電解質調節など)、腎不全系の疾患、腎特有の治療法(利尿薬・透析・腎移植など)の分野はステップ内科4呼吸器が担うのに対して、ステップ泌尿器科は先天的疾患、腫瘍疾患、尿路・性器・副腎系の疾患や外傷(腎外傷、尿路損傷ほか)などを担う。
腎不全はステップ内科4呼吸器で、腎細胞癌はステップ泌尿器に記載されるなど、その分類はどうやってわけたのかわかりにくい部分もあるが、重複項目はないので両方買って損するということはない。むしろ片方だけだと足りない分野が非常に多い。

呼吸器も腎臓もどこの大学の医学部にいてもいい加減ですませることはあまりよくないので、結局この本は買うことになる学生が大半かと思われる。ステップ内科の6冊くらいは買っておいて損することはない。まれにヤフーオークションなどで中古本を見かけるが、ステップ内科4呼吸器に関してはまだ初版から改訂がないので中身が違うというおそれは少ない。

ステップ内科4は第2版が2005年9月に発売となり、内容が一部新しくなった。ステップ内科は第1版から第2版になって洗練されるものも多い(ステップ内科1ステップ眼科など)ので、選択の余地があるなら第2版のほうを用いたい。第2版では間質性肺炎などに関する記述が加筆され、図が見やすく編集されなおしているとのこと。また写真に小さな解説文が付くようになった。各章の「Step(主要項目のまとめ)」の見た目も変わっている。

個人的には、呼吸器の分野は非常に良かったと思います。腎臓の部分はあまり勉強しないままだったので良かったのか悪かったのかわからないままになってしまった…。ちなみにステップ内科4は改訂版の発売(2005年?)が予定されているようです。 -- T.Goto 2005-05-06 12:49:00 (金)

買い直さないといけないほどの改訂だったのでしょうか。 -- 2005-12-03 (土) 22:29:21

買い直すほどのものではないと思うよ。 -- ABABA 2005-12-03 (土) 22:44:03

このページに関連するページ

ステップ(1647d) 泌尿器(1743d) 腎臓内科(1743d) 新刊情報(1743d) 呼吸器(1743d) 海馬書房(1743d) ステップ内科6(1743d) ステップ眼科(1743d) ステップ泌尿器科(1743d) ステップ内科1(1743d) ステップ内科(1743d) シリーズ(1743d)


最終更新:2012-08-19 (日) 08:32:44 (1743d)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS