丸善書店の生化学書。

いまの医学生の親の代からの歴史と伝統あるハーパー生化学が第25版までで一区切りとなり、新たにイラストレイテッドハーパー生化学となった。つまりイラストレイテッドハーパー生化学は元祖ハーパー生化学で言えばその第26版にあたる。

内容・編集方針も一部変更された。ページ数は985ページ→697ページとなり、約300ページ減った。また価格も定価10290円→7140円と安くなった。内容もわかりやすさを重視して改訂されたとのことで、おそらくレベルも易化しているのではないかと思われる。

生化学を本格的に学ぶ学生はTHE CELLなどの分子生物学分野の教科書を読むようになり、また普通の医学生はいわゆるカンタン教科書・アンチョコ本などを好むようになり、伝統ある硬派な生化学書もいよいよ改革を余儀なくされたということだろうか。


このページに関連するページ

分子生物学(1740d) 生化学(1740d) 丸善(1740d) 医学生(1740d) ハーパー生化学(1740d) カンタン教科書(1740d)


最終更新:2012-08-19 (日) 08:32:42 (1740d)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS